読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ASIAQ イマドキ!チャイナ部

語学交流サイトASIAQが提供するブログ!中国語の学習方法や文化、話題になったニュースなど、中国に関するホットな情報をたっぷりご紹介いたします!

武漢の黄鶴楼をご紹介します☆

f:id:asiaq:20161123173931j:plain

皆さん、こんにちは。asiaqユーザーの楽です。

私の故郷は、武漢市の漢口(かんこう)という所で、今の武漢市の商業の中心となっている地域です。

 

武漢市

武漢は、中国の中心部にある大都市です。全長が世界第3位の川である長江と、長江の支流である漢水をはさんで、武昌、漢陽、漢口の三鎮(さんちん)が並立し、江城とも呼ばれます。

武漢の歴史は3500年以上前に遡ります。中国の戦国時代の楚国であり、また三国志の舞台として観光地・史跡が数多く残っています。

現代の武漢は、中国中部地域における経済、金融、貿易、教育、情報通信のビジネスの中心となっている都市で、世界各国から多くの企業や工場が集まっています。

  

武漢の黄鶴楼

黄鶴楼(こうかくろう)は、武漢随一の観光地で、中国の『江南三大名楼』のひとつです。武漢市武昌区の蛇山の頂上にあります。

鮮やかな赤と黄色で彩られた5重の塔です。三国時代に軍事塔として建てられました。

現在の黄鶴楼は、19世紀当時の姿を参考にして1985年に再建されたもので、高さは約51.4メートルです。以前は木造だったようですが、現在はコンクリートで作られています。

武漢のランドマークの一つで、鶴をイメージして建てられています。塔の脇には、木々が生い茂っていて美しい風景となっています。

入場料は80元と少し高い気がしますが、最上階からは武漢市街を一望できてオススメです。地下鉄の駅からは遠いので、タクシーで行った方が良いと思います。黄鶴楼を観光した後は、隣の户部巷でご飯を食べたり、散歩したり、楽しむことができます。

  

教科書に載っていている黄鶴楼

中国の唐の時代の詩人・李白が詩を詠みました。

黄鹤楼送孟浩然之广陵

故人西辞黄鹤楼,烟花三月下扬州。

孤帆远影碧空尽,唯见长江天际流。

この詩は、武漢から揚州に移ることになった旧友の詩人・孟浩然のために書いたものです。送別会が、黄鶴楼で行われたことが書いてあります。

この詩は、中国では国語の教科書に載っていて、中国人はみんな知っています。そのため、黄鶴楼も中国人ならみんな知っています。

 

みなさん、武漢に来たら、ぜひ黄鶴楼に遊びに来てください。

 

 

*ASIAQでは、中国人の日本語学習者向けにAQLessonという日本語会話のオンラインレッスンサービスを運営しております。

・お勤めの会社などで、中国人スタッフの日本語教育を行いたい方  

(某大手企業様もご利用実績あり)

また、

・日本語教師になりたい方

を絶賛募集中です。

ご興味のある方は、下記連絡先よりお気軽にお問い合せ下さい。

support@asiaq.net